【メキシコ帰り・2児のパパママ・30代夫婦が運営】あなたと一緒にマタニティライフ・子育てライフをハッピーにする情報サイト
Baby and Mam

【NIPT】八重洲セムクリニック・奥野病院の口コミ・評判・特徴まとめ!

最近よく耳にするようになったNIPT(新型出生前診断)。

興味があっても、

どんなクリニックがあるの?

どのクリニックがいいのか分からない!

という方が多いはず。

 

今回は、「八重洲セムクリニック」と「奥野病院」について、特徴を解説します。

 

サボちゃん

今回は、「八重洲セムクリニック」と「奥野病院」の特徴・メリット・検査内容・費用・口コミなどをまとめました。
2つのクリニックはそれぞれ東京と大阪にありますが、内容が似ているので一緒に紹介さいます。

 

記事のポイントまとめ

八重洲セムクリニック・奥野病院の特徴

✔東京なら八重洲セムクリニック、大阪なら奥野病院
✔陽性だった場合、同院で羊水検査を受けられる
✔羊水検査費用はクリニックが全額負担。すべての方に再診察と羊水検査を追加費用なく提供。
約10~12日で結果通知
直接10,000件以上の検査を担当した実績
出生前診断歴40年以上の産婦人科専門医

 

 

そもそもNIPT (新型出生前診断)って何だっけ?

サボちゃん
NIPTって何だっけ?という方はこちらからご確認ください。知ってるよ!という方は、読み飛ばして下さい。

従来の出生前診断との違いは?

出生前診断には、確定検査と非確定検査(スクリーニング検査)があります。

従来の確定検査は精度が高いというメリットはあるものの、流産のリスクがありました。

NIPTは非確定検査の一つで、流産のリスクがなく、かつ高い検査精度を誇る検査です。

 

NIPT(新型出生前診断)とは?

NIPTとは、Non-Invasive Prenatal genetic Testing の略称。

母体から採血して血液を検査し、胎児の染色体異常(ダウン症などの有無)を調べることができる検査のことです。

 

NIPTの特徴

✔妊娠初期から検査可能
✔わずかな採血で検査可能なので母体に負担をかけない
✔しかも精度が高い

 

八重洲セムクリニック・奥野病院のNIPT (新型出生前診断)で検査できる項目

八重洲セムクリニック・奥野病院では、下記の内容を確認することができます。

 

サボちゃん
どこまで検査するかによってお値段が変わってきます

13,18,21トリソミー検査

母体血から胎児のDNAを取り出し染色体別に調べ、染色体の数が通常の2本より多いか判定
13,18,21番目の染色体の数を検査するのが、13,18,21トミソリー検査です。
トミソリー13番(パトー症候群):寿命は概ね1年、成長障害、呼吸障害、摂食障害があり、前脳,中顔面、および眼の発育異常,重度の知的障害、心臓の異常、低身長等多くの合併症が見られます。(八重洲セムクリニック公式サイトより引用)

トミソリー18番(エドワーズ症候群):寿命は1か月~1年程度、胎児期からの成長障害、呼吸器系や摂食障害があり、通常は知的障害と出生時低身長のほか,重度の小頭症,心奇形,後頭部突出,変形を伴う耳介低位や特徴的顔貌などの様々な先天奇形が表れます。

特に呼吸器系の症状が予後を大きく左右します。

発生率は出生児に対し1/6000程度。 お母さんの年齢が上がるほどリスクは上がり、女児に多く見られる異常です。(八重洲セムクリニック公式サイトより引用)

トミソリー21番(ダウン症候群):平均寿命50-~60歳、成長障害・筋肉の緊張低下・特徴的顔貌を持ちます。 ダウン症の子の多くは支援クラスを利用し学校に通い、様々な分野で活躍する人もいます。

出生児における全体の発生率は約1/700。お母さんの年齢が上がるほどそのリスクは上がり、20歳で1/2000, 35歳で1/365, 40歳で1/100程度となります。(八重洲セムクリニック公式サイトより引用)

 

性染色体検査

23番目の染色体である性染色体を調べ、性別判定ができる

 

全染色体検査(1~22番トリソミー検査)

13番、18番、21番と性染色体検査である23番を含む、1番から23番までの全染色体のトリソミー検査。

13番、18番、21番以外の染色体に異常があった場合は、出生に至らないケースが極めて高いとされています

 

微小欠失検査

上記のトリソミー検査では検知できない、染色体の微細な欠失を検査。
微小欠失は、染色体物質の小さな一部が欠けることによって生じる染色体異常です。
特定の染色体の特異領域でより多く発生するものもあり、既知の遺伝的症候群と関連しています。
ほとんどは親からの遺伝ではなく偶然に起こるもので、家族歴がなく他のリスク因子がない場合でも起こり得ます。

(八重洲セムクリニック公式サイトより引用)

 

八重洲セムクリニック・奥野病院の特徴

八重洲セムクリニック・奥野病院の特徴は、陽性だった場合のケアが充実していることです。

同じ病院で再検査、羊水検査を実施してくれるのでそれだけでも安心です。

また、微小欠失すべてに対応した羊水検査を提供している医療機関はほとんど存在しないのが実情です。

しかし、八重洲セムクリニック・奥野病院では、NIPTの微小欠失すべてに対応した羊水検査の提供を行えるようになっています。

 

サボちゃん
万が一陽性だった場合、同じ病院で再検査や羊水検査まで実施できるのは心強いです。他ではあまりない特徴なので、この部分を重要視される方にとってはベストなクリニックだと思います。

 

八重洲セムクリニック・奥野病院の特徴まとめ

クリニック所在地(提携クリニック含む)

八重洲セムクリニック
東京(八重洲):東京駅八重洲中央口から徒歩8分、京橋駅から徒歩1分

奥野病院
大阪(天王寺):寺田町駅から徒歩5分、天王寺駅から徒歩10分、河堀口駅から徒歩7分

制限

・年齢制限なし(35歳以下でもOK)
・一人で受診OK

予約可能時期

妊娠10週目から検査可能

検査時間

約60分 ※事前カウンセリング含む

検査機関

米国ベリナタヘルス社

検査結果

約10~12日(郵送・来院の希望に合わせて通知)

費用

基本検査:196,000円(税込 215,600円)
全染色体検査:220,000円(税込 242,000円)
全染色体+微小欠失検査:230,000円(税込 253,000円)

追加費用・キャンセル料

追加費用なし、キャンセル料なし

陽性だった場合の対応

羊水検査費用は全額負担。要望があった際には、すべての方に再診察と羊水検査を追加費用なく提供。同院で羊水検査を受けられる。

その他の特徴

・直接10,000件以上の検査を担当した実績
・出生前診断歴40年以上の産婦人科専門医

 

八重洲セムクリニック・奥野病院の口コミ・評判

実際にツイッターやインスタで八重洲セムクリニック・奥野病院について検索してみたところ、以下のような口コミがありました。

 

サボちゃん
性別も早い段階でわかって準備がはかどりますね。早い段階で安心できるのがやっぱり魅力的です。

 

サボちゃん
妊娠初期は体調が悪いことが多いです。時間が掛からないのは嬉しいですね。夫婦で来ている人もお一人の人もいるということで、状況が分かると安心です。

 

 

 

サボちゃん
性別が分かると楽しみが増えますよね。赤ちゃんに早く会えることが楽しみでしょうがなくなります。

 

 

八重洲セムクリニック・奥野病院のNIPT費用詳細

八重洲セムクリニック・奥野病院では3つのプランがあります。

他のクリニックでもよくある、基本検査、全染色体検査、微小欠失まで含む検査の3パターンです。

こちらの記事に他のクリニックとの比較がありますので参考にしてみて下さい。

 

 

1.基本検査:196,000円(税込 215,600円)

【含まれる検査】

 13,18,21トリソミー検査

 性染色体検査

 

2.全染色体検査:220,000円(税込 242,000円)

【含まれる検査】

 13,18,21トリソミー検査

 性染色体検査

 上記を含む全染色体検査

 

3.全染色体+微小欠失検査:230,000円(税込 253,000円)

【含まれる検査】

 13,18,21トリソミー検査

 性染色体検査

 上記を含む全染色体検査

 微小欠失検査

 

八重洲セムクリニック・奥野病院のNIPT(新型出生前診断)まとめ

 

サボちゃん
ここでは、今回の記事のポイントをおさらいします。

 

記事のポイントまとめ

八重洲セムクリニック・奥野病院の特徴

✔東京なら八重洲セムクリニック、大阪なら奥野病院
✔陽性だった場合、同院で羊水検査を受けられる
✔羊水検査費用はクリニックが全額負担。すべての方に再診察と羊水検査を追加費用なく提供。
約10~12日で結果通知
直接10,000件以上の検査を担当した実績
出生前診断歴40年以上の産婦人科専門医

 

サボちゃん

実績がたくさんあって、経験豊富な産婦人科医が対応してくれる点、陽性だった場合に同じクリニックで対応してくれる点が安心ですね。

 

 

スポンサーリンク