~仕事も子育ても頑張るあなたを応援するブログ~   【ただ今、サイト再構築中です】

外国で恋しくなる日本の食べ物はこれだ!ベスト10

f:id:sabo-san:20181212190353j:plain

海外で生活すると一番困る事は何でしょうか?

私は言葉よりも食事だと思っています!

私が生活していたのは、アイルランドの中規模の町、メキシコの中規模の町です。

大都市では手に入る日本食系の物資は基本的なもの(米、しょうゆなど)しか手に入らないような所でした。

住む国や地域によって事情は大きく異なると思いますが、私の経験で外国で恋しくなる日本食ベスト10を紹介します!

外国に長期滞在する方は今のうちに食べておきましょう!笑

10位 焼酎・日本酒

日本酒

今や外国でも日本酒や焼酎が手に入るところも多いと思います。私の住んでいたところでも少しは買うことが出来ましたが、種類も少なく味もいまいちでやっぱり日本の美味しいお酒は恋しかったです><

9位 サラダ・生野菜

これも地域によるかと思いますが、私の住んでいたところでは生野菜を食べる習慣があまりないところだったので野菜の質が悪く、美味しいサラダを食べることは出来ませんでした。

嫁さんは旅行先で普通のプチトマトを食べて大感激していましたw

8位 生クリームふわふわ、甘さ控えめのケーキ

私のいたところのケーキはバタークリームが基本で超甘いケーキしかありませんでした。私も嫁さんも甘い物が好きなので日本の生クリームふわふわの甘さ控えめのケーキが恋しかったです。

7位 コンビニのもの

幅広くてすみません。でも日本のコンビニで手軽に買えるおにぎりや惣菜、スイーツなどは本当にレベルが高くて外国に住んでいると食べたくなります。手軽にこれほどおいしいものが手に入る日本は最高です。

日本に帰ってきた時は、コンビニに行くだけで超幸せでした。

6位 お茶(甘くない)

お茶

外国のお茶って甘~いものが多かったりします。私が住んでいたところでは、飲み物=炭酸、ジュース、水が基本。スーパーなどで売っている物は甘いものしかなかったので、甘くないお茶がとても恋しかったです。

5位 たまごかけご飯

外国で生卵を食べると酷いことになる可能性が高いです。日本のように新鮮なものはなく、殺菌処理などもしていないことが多いので、生で食べると普通に食中毒になります。火を通して食べるのが当たり前なので賞味期限も平気で1ヶ月くらいあります。

なのでたまごかけご飯が無性に食べたくなりました。

やっぱり人間はないものねだりですね。

4位 焼き魚

焼き魚

私の住んでいたところは新鮮な魚がほとんどなかったので、魚自体を食べる習慣がありませんでした。肉が基本なのでスーパーなどでも食べたくなるような魚が売っておらず、焼き魚が食べたくてしょうがなかったです。

日本に帰ってきたら必ずさんまやほっけなど食べてました。

3位 納豆

食べられないとめっちゃ食べたくなります。私の街では手に入らなかったので遠くに買い出しに行ったときなどに購入し、それを大事に冷凍保存し、1ヶ月に1個食べる、などして納豆食べたい病を克服していました。

2位 美味しいらーめん

ラーメン

まずいラーメンなら食べられましたが、おいしいものはもちろんありませんでした。

私はラーメンが大好きなのでいつでも食べたいのですが、それがないとなるとそれだけでものすごいストレスでした。

食べたいものがどこにもない、いくらお金を出しても買えない状況、それが外国に住むということです。

1位 刺身・寿司

刺身・寿司

やはり日本人にとって寿司、刺身はソウルフードです!

私のいたところは前述の通り、魚が全然なかったので、もちろん刺身や寿司もほぼない(えせ日本食のまずい寿司くらいはあった)状況でした。

 

日本に帰ったら、まず刺身!寿司!食べまくりました。

他にも、カレー、ぎょうざ、チャーハン、うどん、そば、うなぎ、おでん、カツ丼・・・やっぱり日本で普通に食べれるものが食べたくなります。

 

外国に住むと、お金をいくら払っても手に入らないものがたくさんあります。

 

実際私は、2ヶ月に一回位、高いお金を払って航空券を買い、都会に行って、日本の2~3倍する日本食材を買っていました。(例えば、メキシコシティだと赤いきつねが500円以上しました)

 

一方、日本では、100円出せばめっちゃ美味しいおにぎりがそこら中で買えます

 

日本に帰国して3年が経とうとしている今でも、日本の便利さ、美味しい物の多さ、きれいさ、色んな事に感動しながら生きています。

 

日本ってやっぱり良い国ですね。日本人に生まれて良かった♪

スポンサーリンク