~Life is Contents~ 人生はコンテンツだ! 運営者「サボさん夫婦」が、これまでに経験したあれこれを発信する情報サイト
abc

【英語の絵本】赤ちゃん・0歳・1歳から英語に親しむオススメ絵本5選

3歳になるまでって何でも吸収できるっていうから、英語も早いうちに始めれば効果あるのかなぁ?

お金をあまりかけずに英語に親しむ方法ってないかな?

 

0歳児の赤ちゃんや1歳児は、大人では考えられないほど、何でもすぐに吸収してしまいます

そんな時期に少しでも英語に親しんだら、少しは英語に対するハードルが下がるかも!?

 

そんな小さなお子さんが、お家で簡単に始められるのが英語の絵本の読み聞かせです。

英語の絵本は、図書館に行けば借りることができるので、英語に親しむにはとてもいい簡単な方法です。

 

サボさん
サボさん
現在、2歳児の子育て真っ最中、海外生活6年経験あり、TOEIC900点以上取得している私が、実際に読み聞かせをした絵本の中で、特に0歳や1歳の小さなお子さんにオススメしたい英語の絵本を紹介します。

 

私たちが運営している別サイト:なないろ知育ラボには、本記事で紹介する絵本以外にもオススメの英語の絵本を多数紹介していますので、是非お立ち寄り下さい♪

 

スポンサーリンク

おすすめ!英語に親しむための絵本5選

0歳、1歳は、まだ日本語もしゃべれない、もしくは簡単な単語や2語文、3語文が出てくる位の時期です。

まだ日本語、英語、という概念がない状態ですので、英語に対しても素直に聞き入れることができます。

 

サボさん夫婦
サボさん夫婦
私達も子供が1歳になる少し前から、日本語の絵本も英語の絵本も読み聞かせをしていました。英語だからといって嫌がらず聞いてくれていました。

 

かといって、長い英語の文章を聞かせても、日本語ですら長い文章の絵本を読まない時期だとあまり意味がないと思います。

 

0歳、1歳のお子さんにオススメしたいのは、短くて簡単な単語や文章はっきりとした絵絵だけで内容が伝わるような絵本です。

 

今回は、そのような観点を取り入れ、さらに世界の絵本賞を受賞した作品日本でも有名な作品をチョイスしています。

 

サボさん夫婦
サボさん夫婦
逆に2歳を過ぎて日本語がかなり理解できるようになってくると、英語は「???」となってしまい、少し嫌がる傾向があるようにも感じます。

 

英語の絵本の読み聞かせの方法をまとめました。発音は気にせず楽しく読みましょう♪

なないろ知育ラボ

子どもに英語で絵本を読んであげたいけど、私の下手な英語では逆効果?本記事では、パパママの悩み事である、英語の絵本を読み聞…

 

0歳児・1歳児にオススメな英語の絵本:世界の絵本賞受賞作品

世界には数々の絵本賞が存在しています。

その中でも権威ある賞を受賞している作品で、0歳、1歳のお子さんにもオススメできる絵本を紹介します。

 

世界の絵本賞についてはこちらをご参照ください。

なないろ知育ラボ

絵本を選ぶ際、有名な賞を受賞した優秀な作品かどうかは、一つの選択基準になり得ます。本記事では、世界の主な絵本に関する賞を…

 

スポンサーリンク

GOOD NIGHT, GORILLA (邦題 : おやすみゴリラくん)

2014年にアメリカの権威ある絵本賞であるフェニックス絵本賞(Honor Book)を受賞している作品です。

動物園の守衛さんが、夜、動物達のオリを確認しながら”Good Night, 〇〇”(〇〇には動物)と言ってまわります。

オリの鍵を盗んだゴリラ君が、守衛さんの後を追って各動物のオリを開けて、守衛さんの家まで動物達を連れて行ってしまうというお話。

英語自体は”Good Nihgt 〇〇”しか出てきません。なので読むのも簡単です。絵を見ればストーリーが分かるので、小さなお子さんも楽しめます。

うちの子は1歳の時に読んだこの作品が大好きで、何度も何度も読み返しています。

なないろ知育ラボ

最初の英語の絵本としてもオススメな…

 

No, David! (邦題:だめよデイビッド)

1999年、世界の絵本賞の中でも権威のあるコールデコット賞Honor Bookを受賞している作品です。

いたずらが大好きなDavid。お家の中で色んないたずらをします。その様子が大きな絵で描かれています。
そのいたずらに対して、ママがNOOOOO Divd!と言うというお話。

英語のワードもとっても少なく誰でも読める簡単な絵本です。

うちの娘は、読み方を大袈裟にしてあげたら大喜びでした。

なないろ知育ラボ

いたずらっ子のDavidは元気いっぱい!力いっぱい一生懸命遊んでいるけれど、ママから見たら危ないことやNo!と思ってしま…

 

スポンサーリンク

Yo! Yes? (邦題 : やあ、ともだち!)

こちらは1994年にコールデコット賞Honor Bookを受賞している作品です。

道端で出会った二人の男の子。片方がYo!と言うと片方はYes?と言います。二人の単語でのやり取りが繰り返されるというお話。

出てくるワードはYo, Hey, Who? Yes?などの簡単なワードのみ。大きな絵と少年たちの表情からストーリーを読むことができる絵本です。

英語の絵本、最初の一冊にもオススメな簡単な内容です。

なないろ知育ラボ

1994年、コールデコット賞(Honor)受賞作品。英語が苦手なパパママにもオススメの絵本です。道ばたで出会った二人の男…

 

0歳児・1歳児にオススメな英語の絵本:日本でも有名な名作絵本

ここからは有名な絵本賞を受賞している作品ではありませんが、日本でも書店などでよく目にする絵本を二つ紹介します。

 

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See? (邦題:くまさんくまさんなにみてるの?)

「はらぺこあおむし」で有名なエリック・カールの絵本です。

エリック・カールの絵本は、そのダイナミックな絵と大胆な色使いが特徴的で、見ているだけでも楽しい絵本。

この絵本では、Brown bear, Brown bear, What do you see? とくまさんが何を見ているか聞きます。すると、I see a red bird looking at me. と答えます。次は赤い鳥が何を見ているのかを聞いていきます。

色々な色と動物が出てくるため、何度も読み聞かせをすると自然と意味を理解していくようになります。

うちの娘は、英語で読んで、日本語で「赤い鳥だね~」と言った具合で説明しながら膨らませて読んであげると楽しそうに聞いていました。

なないろ知育ラボ

はらぺこあおむしで有名なエリック・カールが絵を描き、Bill Martin Jr作の、世界で愛されている絵本です。文章の…

 

GOODNIGHT MOON (邦題 : おやすみなさい おつきさま)

第一版が発行されたのは1947年ですが、今でも読み継がれている超名作絵本。おやすみ用の絵本として日本語版を読んだことのある方も多いかと思います。

夜のお部屋。お部屋にあるもの一つ一つにおやすみをしていきます。Good night, bears. Good night, chairs. Good night kittens, Good night mittensといったように、この絵本は英語で読むと韻が踏まれているため、英語で読んだ方がこの絵本の良さが分かります。

おやすみ用の絵本としても使えるので、毎晩英語の絵本で寝かしつけするのはいかがでしょうか?

なないろ知育ラボ

マーガレット・ワイズ・ブラウン作、1947年に出版された超有名な絵本です。就寝時の読み聞かせ絵本の定番中の定番です。英語…

 

以上、0歳、1歳のお子さんにオススメしたい英語に親しむための絵本5選でした!

お子さんが英語に触れるきっかけになれば幸いです。

スポンサーリンク