「子育て世代夫婦」による、「子育て世代夫婦」のための情報サイト
baby

バウンサーはベビービョルン1択な理由!口コミと実際の使用感

バウンサーっていいのかな?そもそも必要かな?

 

ハイローチェアとかとどっちが使いやすいんだろう?

 

サボちゃん
初めての育児で、使ったことのないものは本当に必要なのか、購入すべきか迷いますよね。
我が家は、ベビービョルンのバウンサーと、お下がりでもらったハイローチェア、両方とも使用してみました。
バウンサーはもう、【ベビービョルンのバウンサー】これ一択!!! 娘もお気に入りで、本当に買ってよかった商品なので、詳しく紹介していきます♪

 


ベビービョルン 【日本正規品保証付】バウンサーBliss Air アンスラサイト 1か月~

 

 

スポンサーリンク

バウンサーって必要? よくある疑問・お悩み

question

バウンサーって?必要?

バウンサーとは、首座り前のねんね期の赤ちゃんから使える、ゆりかごのようなやさしい揺れのあるベビーチェアです。

手で揺らしてあげたり、赤ちゃん自身の動きでゆらゆら揺れます。

 

サボちゃん
全てのご家庭で絶対に必要なものではないかもしれませんが、我が家の場合は必要不可欠な子育ての相棒的存在でした。
このバウンサー無しの生活はもはや考えられない!元は十分すぎるほど取りました。笑

 

スポンサーリンク

バウンサーよくある疑問・お悩み

バウンサーって必要かな?

バウンサーも色々あるけど、どれが良いんだろう?

ハイローチェアとどっちが良いんだろう?

バウンサーっていつからいつまで使えるの?

 

サボちゃん
バウンサーに限らず、ベビー用品は使うのかどうか、わからないものが多くて、悩みますよね。
赤ちゃんによって、合う合わないもあるかと思いますが、我が家の場合、娘はバウンサーに乗せるとご機嫌で、自分でゆらゆらしながら、床で寝転ぶのとはまた違った体感や景色を楽しんでいたと思います。
何より、私も抱っこし続けなくても良い時間ができたことが、買う価値があったと思っています。

 

スポンサーリンク

ベビービョルン(Baby Bjorn)のバウンサーがおすすめ!

ベビービョルンのバウンサーは、赤ちゃんにとって心地良いもので、パパママの毎日の家事育児を少しでも楽に、赤ちゃんとの時間を少しでも快適に過ごしたいと思っている方におすすめです。

 

サボちゃん
これからみなさんの口コミや、ベビービョルンのおすすめポイント、メリットデメリットなど、解説していきます。

 

ベビービョルン(Baby Bjorn)のバウンサーの口コミ・評判

ベビービョルンとは?

ベビービョルンは、1961年にビョルン・ヤコブソンにより設立されたスウェーデンに拠点を置く家族経営の企業です。ビジネスコンセプトは、今も昔も変わらず、「3歳までの子供たち向けの優れた品質の安全で革新的な製品を開発することにより、小さな子供たちを持つ両親の日々の生活を楽にすること」です。

 引用:公式HP

 

抱っこ紐やバウンサー、ベビーベッド、シリコンビブや離乳食の食器類、トイレトレーニング用品などが主な製品です。

 

 

ベビービョルンでは、お子様が小さいときは多数の製品を購入する必要がないようにすべきであり、本当に役立ち、長く使える丈夫な製品をいくつかだけ揃えるべきであると考えます。
安全、品質、デザインは、ベビービョルンのブランドのコアであり、製品はよく考え抜かれ、細部まで細かい注意を持って作り出されています。

引用:公式HP

 

サボちゃん
こだわりを持ってものづくりをしている企業であることが伝わりますね。
何より、赤ちゃんとその両親への愛情を感じます。

 

ベビービョルン バウンサーの口コミ・評判

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@__mkt.___)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

@koichan0304がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@___marchsがシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

7oko(@7oko_chan)がシェアした投稿

 

ベビービョルン バウンサー 徹底解説


ベビービョルン 【日本正規品保証付】 バウンサーバランスソフト Air シルバー/ホワイト 005029

 

 

ベビービョルンバウンサー基本情報

ベビービョルンのバウンサーは大きく分けて2種類あります。

【バウンサーBliss(ブリス)】

バウンサー Bliss は、バウンサーバランスソフトのシートカバーを、より柔らかく仕上げたモデル。
赤ちゃんの繊細な肌にふんわりと優しい感触を提供します。
コットン・メッシュ・ジャージーの3種類の生地から選べる。

【バウンサーバランスソフト】

バウンサーバランスソフトは1ヶ月から2歳まで使えるロングユースタイプ。3段回リクライニングで快適に長く使えます。
コットン・メッシュの2種類の生地のどちらか。

 

大きく違う所は、Blissの方がバランスソフトよりもシートカバーが柔らかいというところ。

あとはジャージー生地が選べるかどうか。

その他の特徴は同じなので、以下記載していきます。

 

ベビービョルンバウンサーの特徴

・首すわり前1ヶ月から2歳まで使用可能

・カバーは簡単に取り外せて洗濯機で洗える。(40℃までの水でネット使用)

・赤ちゃんを包み込む立体デザイン

 

・【本体サイズ】約幅39×奥行89×高さ46~58cm

・【製造国】スウェーデン

・【素材】 本体フレーム/スチール

・【シート主要部素材】
※コットン  綿100%
※ジャージー 綿71%・レーヨン24%・ナイロン5%
※メッシュ  ポリエステル100%

・【対象月齢】生後約1ヶ月〜2歳くらい

・【体重の目安】最下段〜7kg、中段〜10kg、最上段〜13kg

・3段階にリクライニング

・【製品重量】約2.1kg

・【安全基準】SG認証。ASTM(アメリカ) EN(ヨーロッパ)に準拠

 

また、素材のこだわりとして、エコテックス素材が使用されています。

エコテックス素材とは、すべての布地がテストされ、ベビー製品に関するエコテックス規格 100 クラス 1 に準拠していることが認定される素材のこと。これは有害物質やアレルゲン性物質を含まないことを示しています。

 

サボちゃん

敏感な赤ちゃんへのアレルゲンの配慮は嬉しいですね。

 

ベビービョルンバウンサーの人気の秘密まとめ

①自分で揺らして遊べる!
座り慣れると、ブランコを漕ぐように上下に弾ませて遊べる。

 

②立体裁断シートで気持ちいい!
赤ちゃんのお尻から頭まで包み込むような立体裁断設計。座ると自然にお尻から頭にかけてまっすぐ仰向けに横たわります。固定クッション等は必要なく、乗せやすくお手入れも簡単。シートが傾斜しており、天井ではなく前方に視界が広がります。

 

③コンパクト!!
ベビービョルンのバウンサーは、簡単に折りたたむことができます。使わない時の収納が簡単で、外出時の持ち運びにも便利。

 

④やさしい揺れ
ベビービョルンのバウンサーは フワリフワリと優しく揺れます。ねじれの仕組みを利用して反発力を逃がし、大きくゆっくり優しく揺れる独自設計!

 

⑤選べる3つの生地素材
ベビービョルンのバウンサーは 3種類の生地素材でシートを用意。
【コットン素材】
キルティング縫製をしたソフトなクッションシート。吸湿性に優れ、さわやかな肌触りが特徴。
メッシュ素材
通気性がよく、速乾性があり、洗濯してもすぐに乾きます。
3Dジャージー】
とても柔らかな肌触りが特徴。内側は3Dメッシュで放熱効果もあります。

 

 

バウンサーとハイローチェアとの違い メリットデメリット

バウンサーとハイローチェアとの違い

・高さ調整ができるかどうか
共にリクライニング機能はあります。高低の調整ができるのはハイローチェアのみ。

 

・フルフラットになるかならないか
バウンサーはフルフラットにはなりません。
ハイローチェアはフルフラットになるので新生児から使用可能。

 

・そのもの自体の大きさが違う
バウンサーは見た目もコンパクトです。
ハイローチェアは大きく、キャスターがついていて近くの移動は簡単ですが、実家に持っていくなどは困難。

 

・折りたたみ・収納・重量について
バウンサーは折りたたむと板のように平たくなり、約2.1kgと軽いので実家やお出かけなど持ち運びも簡単です。
ハイローチェアは折りたたみはできず、存在感があります。普段使うにも、収納するにもとにかく場所を取ります。キャスターはついていますが、重量が重いので持ち運びは難しいです。(参考:写真のハイローチェアは12kgくらいです。)

 

サボちゃん
見た目からして、全然違う物ですが、ご自身の生活スタイルや、お部屋の状況などで選ぶ物は変わってくると思います。
我が家の場合、お下がりでもらったハイローチェアは大きすぎて、もらった時にそのまま実家に持っていき、実家の広いリビングで帰省時に使用しています。
居住しているアパートにはバウンサーのコンパクトさがちょうど良いです。

 

バウンサーのメリット・デメリット

サボちゃん
娘も私もお気に入りのベビービョルンのバウンサー。私達にとってはメリットばかりですが、デメリットの声も探してみました。

 

【バウンサーのメリット】
・赤ちゃん自身の動きで揺れるので、楽しそうにゆらゆらさせて自ら遊べる。
・床に寝かせているだけの景色とは違った景色が見える。
・抱っこの代わりになるかもしれない。
・ワンオペ時の入浴待ちにも持ち運びが簡単で、ベルトもついているので安全に待たせられる。
・授乳後少し落ち着くまでリクライニングで過ごせるので、フラットにするより吐き戻し軽減に。
・ゆらゆら心地良くなり、寝てしまう事も!!!
・バウンサーに座らせる体勢で便秘が解消されるというママ達の噂も。(これは本当に噂です。)
・メッシュ生地は蒸れずに快適!
・スタイリッシュ!

 

【バウンサーのデメリット】
・長時間の寝かしつけには適さない。→赤ちゃんにとってバウンサーは椅子の一種。長時間の睡眠はフラットな布団が適しています。
・赤ちゃんによっては気に入らないこともある。

 

 

サボちゃん
部屋に置いておいても違和感もなくおしゃれ。赤ちゃんも自分でゆらゆらして快適に過ごせますね。

 

ベビービョルンバウンサーを実際に使用してみると・・

ベビービョルンバウンサーのここがスゴイ!良い点

我が家は、生後2ヶ月くらいからバウンサーを使い始めましたが、床でばかり寝かせておくよりもバウンサーに座らせるとご機嫌に過ごせました。

軽いので、ワンオペお風呂の時も脱衣所に持っていき、入浴前後毎日活用しました。

慣れてきて自分で足を動かせるようになると、勢いをつけて足をピンと伸ばし、自分で揺らしてキャッキャ笑って遊んでいました。

離乳食が始まったばかりの頃はリクライニングを高めに起こして座らせることで、十分食事用の椅子としても使えました。

ずっと床に寝転ばせておくよりも、赤ちゃんの目線が変り、世界が広がることは間違いないと思います。

 

ベビービョルンバウンサーここが少し残念!改善して欲しい点

ベルトが少し固め。もう少し着けやすく外しやすいと助かります!

そのくらいしか思い当たりません。使用していてその他困ったことはありませんでした。

ベビービョルン 【日本正規品保証付】バウンサーBliss Air アンスラサイト 1か月~

 

良い買い物した!赤ちゃんとママの毎日を快適にしよう!

我が家にとってベビービョルンのバウンサーは子育ての必需品!

 

娘は毎日リビングで過ごす際、床に寝転がったり、バウンサーに乗ったり時には抱っこで、色々な景色を眺めながら、過ごしていました。

 

寝返り前の赤ちゃんは、どうしても床で寝転んでいると同じ体勢になりがちですが、バウンサーを使う事で、体感も違って気分転換にもなったのではないかなと思っています。

 

そのまま寝てしまうこともあり、私も自分の休息の時間を確保しやすくなったかなと思います。

 

次の子が生まれても必ず使いたい!と思える育児グッズの一つです。

 

本当に良い買い物しました!

 

サボちゃん

皆様の育児も楽しく少しでも楽に、赤ちゃんも快適に過ごせる時間が増えると、家族全員がハッピーですね!

かけがえのない赤ちゃんとの時間、皆さまが楽しく過ごせますように・・

 

 

スポンサーリンク