海外帰りの30代【サボさん夫婦】が運営する ~仕事も子育ても頑張るあなたを応援する情報サイト~

ストローマグは保冷がオススメな理由 夏を乗り切る保冷マグ3選

普通のストローマグは持ってるけど、最近冷たいものを欲しがって。
夏で保冷じゃないと中の麦茶やお水も悪くなりそう。
サボちゃんサボちゃん
夏にかけて、保冷のストローマグは必須アイテムです!
水分補給の豆知識と、ストローマグの練習の仕方などのおさらいと共に、
なぜ【保冷】が良いのかを解説し、オススメのストローマグを紹介します。
スポンサーリンク

赤ちゃんの体と水分補給のポイント

赤ちゃんの体水分量

大人の体水分量が60%に対して、赤ちゃんは70~80%とかなり高いです。

また代謝も活発で、汗やおしっこなどで出て行く水分量も多いため、水分補給は大人以上に必要です。

 

スポンサーリンク

一日に必要な水分量は?

月齢毎変わりますが、幼いときほど水分を必要とします。

体重1kg 当たりの必要な水分量

新生児: 50 ~ 120 ml/日
乳児:  120 ~ 150 ml/日
幼児:    90 ~ 100 ml/日
学童:    60 ~ 80 ml/日

例えば、2歳児で12kgの子の場合、一日に必要な水分量は、100 ml/日×12 = 1,200 ml

思っているより、はるかに多い数字だと思いますが、

こちらには、食事の時の食べ物の水分も含まれています

 

水分補給にはどんなものを与える?

基本的には白湯や麦茶を与えましょう

食欲の無い時や発熱などをしていて食事量が少ないときは、イオン飲料などを与えます。

赤ちゃんには、赤ちゃん用のものがあるのでそちらを使うといいですね。

激しく運動した時などは、スポーツドリンクがオススメですが、大人用のものは甘みも強いので、倍程度に薄めて与えましょう。

 

スポンサーリンク

どんなタイミングで?

のどが渇く前に、水分補給をしていくことが脱水を防ぐポイントです。

水分補給のタイミング

■起床時■運動・遊びの前と後、途中で適宜

■お昼寝の前と後

■食事やおやつの時

■お風呂に入る前と後

■寝る前

遊んでいる最中は汗びっしょりになるのに遊びに夢中になってしまいがち。

時間を見ながら適宜水分補給する癖をつけると良いですね。

 

サボちゃんサボちゃん
我が家では、お出掛けの際、上記に加え、車に乗ったら一口飲ませ、車から降りるときも一口飲ませることをしています。

 

体も小さくて、体水分量も多く、また体温調整も未熟な小さな子にとって、水分補給はとても大切です。

そして近年のこの湿度と気温。大人でも子どもでも水分補給の大切さをみなさんご理解されていると思います。

 

サボちゃんサボちゃん

お子さんにとって、水分補給時に使うストローマグは生活必需品。

毎日使うストローマグなので、快適に使ってもらいたいですよね。

 

ストローマグはいつから使う? 練習方法は?

ストローマグは離乳食の始まる5~6ヶ月頃から

離乳食を始めるときに合わせて、練習を始めるママが多いです。

 

赤ちゃんも初めてのストローです。上手く吸えなかったり、吸いすぎてしまってむせたり。

 

上手になるまで、少し時間は掛かります。焦らずに、少し手助けしながら、安全に。

 

サボちゃんサボちゃん
赤ちゃんのペースで上手く吸えるようになる様、手助けしながら見守ってあげましょう。

 

ストローマグの練習方法は?

①パパママがお手本を見せてあげる

赤ちゃんはなんでも真似をして覚えていきます。

大袈裟な動きをつけて楽しく、美味しく飲むところを見せてあげましょう。

 

②紙パックで練習する

原始的な方法ですが、赤ちゃんの吸おうとする動きに合わせて、パックを押してあげることで中身が口に入る。

これをすることで、【吸えば飲める】事が分かると言われています。

 

③専用のマグを用意してあげて手助けしてあげる

②で説明した事を、もう少し安全に快適に専用のマグを使って手助けする方法です。

 

サボちゃんサボちゃん

我が家は次に紹介する【リッチェル】アクリア いきなり ストローマグセットを使いました。

 

初めてにオススメのストローマグ

初めてのマグには 【リッチェル】アクリアいきなりストローマグセット をオススメ

「コップでマグ」と「お出掛けストローマグ」の2つがセットになったものです。

左が「コップでマグ」、右が「お出かけストローマグ」。

 

※写真をクリックすると楽天で確認できます

「コップでマグ」は、フタを赤ちゃんの吸うタイミングに合わせて、少し押してあげると中身が出てくるので、ストローの練習にぴったりです。

 

紙パックでの練習の仕方と同じですが、まず紙パックのお水ってあまり売っていません。

こちらは、ストローがシリコン製で赤ちゃんの吸いやすさを追求しています

 

コップ飲みが出来るようになったら、フタを取ればコップとしても使えて無駄になりません

 

お出かけマグは、フタが「カチッ」としまり、漏れなく、持ち運びに便利です。

ストローマグの使い始めは保冷も必要ない場合が多いため、プラスチックタイプだと、小さな赤ちゃんにも軽くて持ちやすいのがグッド!

 

 

サボちゃんサボちゃん
我が家の場合、離乳食のはじめ頃(6ヶ月頃)から「コップでマグ」で練習し、その後、7カ月頃から「お出かけマグ」に移行しました。
その次の段階として、次の「保冷ストローマグ」へと移行していきました。

保冷のストローマグをオススメする理由

 

サボちゃんサボちゃん
なぜ保冷が良いの? あまり冷たいものは与えたくないなぁ・・・。
私も最初はそう思っていました。
ここからは、保冷ストローマグをオススメする理由を解説していきます。

保冷ストローマグをすすめる一番の理由は、ズバリ食中毒防止!

梅雨・夏の時期は食中毒に気をつけたい時期ですよね。

 

食中毒菌の多くはは、20~40℃で適温、30~35℃で活発、特に人と同じ温度くらいの37℃前後で最も増えやすいと言われています。

 

子どものストローマグは、家で使う時はプラスチックの普通のものでいいと思います。

 

しかし、夏の時期のお出かけでは、すぐに外気温と同じ位温度が上がってしまうので、保冷ストローマグの利用をオススメします。

 

サボちゃんサボちゃん
食中毒、怖いですよね。
私も何となく危険そうだなと思っていたのですが、
この事実を学んですぐに保冷ストローマグを購入しました。
今ではお出かけ先でも安心して飲み物をあげられます。

 

赤ちゃんに冷たいものって大丈夫?

保冷マグとは言いますが、キンキンに冷やして与えると言うことではありません。

 

良い温度をキープ出来るので、冷たくしすぎなくても◎

 

ただ、食中毒のことを考えると、20℃以下にキープすることが望ましいので、良い温度で持ち歩くようにしましょう。

(一般的に冷蔵庫の設定は0~10℃以下です。)

 

サボちゃんサボちゃん
娘は、1歳8ヶ月の頃ピクニックに行った時、私達の水筒からお茶を自分で飲み、「おーいしぃ!」と感激していました。その時、冷たいものの美味しさを知ってしまいました。
なるべく冷やさないものをあげていますが、飲み頃の温度をキープしてくれる保冷マグはもう生活に欠かせません。

保冷ストローマグ オススメ3選

サーモス THERMOS  保冷ストローマグ

※写真をクリックすると楽天で確認できます

・保冷専用のベビーストローマグ

・魔法びん構造で冷たさを長時間キープ

・取り外し可能なハンドル付き

・しっかりしまって漏れないので安心

・底カバー付きで、テーブルに置いても滑りにくい

・交換用ストローセット付き

【製品仕様】
●容量:250ml
●保冷効力(6時間):13度以下
●口径:約5.3cm
●本体寸法/幅×奥行×高さ:約12.5×8×13.5cm
●本体質量:約0.2kg

 

 

サボちゃんサボちゃん

大人のタンブラーでも人気の THERMOS 商品。

製品・機能ともにバッチリです。柄も可愛いですね。

 

リッチェル Richell 保冷ストローマグ

※写真をクリックすると楽天で確認できます

・吹き出しにくく漏れにくい

・ステンレス製の保冷ボトルで美味しさキープ

・ステップアップできるマグシリーズ!(下記解説)

リッチェルのトライマグシリーズは、飲み口と、ボトルが入れ替え自由!

セットで買ってしまえば、離乳食初期から、成長に合わせて自由に組み合わせできます。

【製品仕様】
●容量:270ml
●口径:約7.3cm
●本体寸法/幅×奥行×高さ:約11.5×7.5×15cm
●電子レンジ・煮沸・薬液消毒OK(一部を除く)
●食器洗い乾燥機OK(一部を除く)

 

 

サボちゃんサボちゃん
ベビーマグシリーズは得意のRichell。
成長に合わせて付け替えたり、子に合わせて飲みやすいものをチョイスできる柔軟性が良いですね。
柄もシンプルで可愛いです。

 

ロック付き保冷ストローマグ

※写真をクリックすると楽天で確認できます

・お子様でも開けやすい簡単オープンプッシュボタン
・不注意によるキャップオープンを防ぐ親切設計
・ハンドルはコンパクトに折りたたみ可能
・氷が入れやすい広口タイプ(約39mm)
・予備の飲み口1個付き
【製品仕様】
●容量:240ml
●保冷効力/11℃以下(6時間)
●本体寸法/幅×奥行×高さ:約12×7×15.5cm
●本体質量:約0.2kg

 

 

サボちゃんサボちゃん

ノーブランド商品ですが、リサラーソンやディズニー、スヌーピーなどのラインナップ。好きなキャラクターが見つかるかも。

 

サボちゃんサボちゃん
夏は、食中毒も脱水も心配ですよね。
機能的で可愛いお気に入りのマグで、ママも子も、元気に楽しく快適に過ごしましょう!
スポンサーリンク