海外帰りの30代【サボさん夫婦】が運営する ~仕事も子育ても頑張るあなたを応援する情報サイト~

【変なホテル ラグーナテンボス】は子連れの家族旅行に向いているか?総合的に評価!

先日、愛知県蒲郡市にある、「ラグーナテンボス」に3家族合同旅行で「変なホテル ラグーナテンボス」に宿泊しました。

変なホテル・・・聞いたことはあるけど、どんなホテル?
何が変なの?ロボット?恐竜?
サボさん夫婦
そんな疑問を解消するべく、実際に宿泊した時の詳細レポートして参ります。
スポンサーリンク

ラグーナ蒲郡と変なホテル基本情報

立地

「変なホテル ラグーナテンボス」 は愛知県蒲郡市にある、複合リゾート施設「ラグーナテンボス」内にあります。

ラグナシアのすぐ隣に「変なホテル ラグーナテンボス」はあります。

私たちは、最初、ラグナシアの駐車場に車を停めて遊び、その後、変なホテルに車で移動しました。

と言っても、すぐ隣にあるので数分で着いてしまいます。

【ラグーナテンボス ウェブサイト】

ラグーナテンボス

愛知県蒲郡市のシーサイドリゾート。テーマパーク、ショッピングモール、マリーナ、天然温泉など、多彩なサービスで楽しい1日を…

スポンサーリンク

アクセス

【車の場合】

東名高速「音羽蒲郡IC」から20~30分

東名高速「豊川IC」から約35分

【電車の場合】

JR東海道線「蒲郡駅」から無料シャトルバスで約15分

JR東海道線「三河大塚駅」から路線バス(有料)で約10分

詳細は変なホテル公式サイトをご確認ください。

【変なホテル ラグーナテンボス ウェブサイト】

【公式】変なホテル ラグーナテンボス

知県蒲郡市のホテル、『変なホテル』。「史上初、ロボットが接客するホテル」としてギネス記録に認定された、今話題のエンターテ…

駐車場

駐車場はホテル横にあります。(ウェブサイトによると100台分)

宿泊者は無料で利用できます。

駐車場は舗装されていないため、雨が降ると水たまりができてしまいます。(2019年6月時点)

雨の日の場合、大きな荷物をホテルエントランスまで持っていくのが大変かもしれません。

サボさん(左)
舗装されていればもっと利用しやすかったなぁ・・・
スポンサーリンク

エントランス・恐竜ロボット

変なホテル看板

エントランスを抜けると、変なホテル ラグーナテンボスのシンボル、恐竜がお出迎え。

エントランスの恐竜

恐竜は動いているので、大迫力!

とても良く出来ているので本物かと思ってしまうほど。

大迫力の恐竜

恐竜好きのお子さんは大興奮間違いなしです!

このクオリティの動く恐竜はなかなか見ることはできないので、大人も楽しめますよ。

恐竜ロボットの受付

受付も恐竜ロボットがやってくれます。

恐竜の言葉に沿って、タッチパネルでピピピッとやってチェックイン完了!

説明書きもあるし、困ったら人間も呼べるので安心です。

サボさん(左)
チェックインも楽しめるっていいね!

チェックイン

部屋(スタンダードツイン)

チェックインが住んだら早速、お部屋へ。

客室タイプは複数ありますが、私達はスタンダードツインという一番小さなタイプの部屋でした。

スタンダードツインの部屋

セミダブルくらいのベッドが2つ、部屋の奥に折りたたみ式のソファベッド、テレビなどがあります。

ベッドはふかふかで寝心地は◎。ベッドは押したら動かす事が出来ました。

ベッドを壁側に動かすと奥のスペースが広くなります。

部屋奥

テレビ台の下にはソファベッド用(?)の布団がありました。

テレビ下

うちの娘はこの頃8ヶ月くらいだったので、ベッドで寝るのは危険

この布団があったので、これを床に敷いて、娘を床に寝かす事が出来ました。

サボさん(左)
これなら小さな赤ちゃんも安心して泊まれる!

3家族で泊まりましたが、下記のような人数でも問題なく泊まれました。

部屋①:大人2人、赤ちゃん1人

部屋②:大人2人、小学生1人

部屋③:大人2人、小学生1人、幼児1人

でもソファベッドは小さくて寝心地が悪そうでした。

ちなみに、部屋③では、ベッドをくっつけて大人2人、子供2人、4人で仲良くベッドで寝たそうです。

サボさん(左)
大人二人とベッドに一緒に寝られる小さい子だったら、この部屋でもOK!

部屋からの景色

私達の部屋はホテル北側、ラグナシア側だったため、部屋からはラグナシアの園内が見えました。

部屋からの景色

夜は、部屋の外がライトアップされていたため、幻想的な景色を見ることが出来ました。

窓からの景色(夜)

サボさん(左)
ラグナシア側の部屋なら夜の景色は最高!

トイレ・洗面所

部屋を入って通路脇にはトイレ・洗面所・お風呂があります。

写真の通り、とても清潔感のあるトイレでした。

ウォシュレットもしっかり付いています。

トイレ

洗面所も清潔感があります。

洗面所

お風呂

部屋のお風呂も新しく、とてもきれいです。

お風呂

変なホテル ラグーナテンボスで一番残念だったのは、大浴場がないことです。

部屋のお風呂はとてもきれいですが、これでは家でお風呂に入っているのと変わらず、特別な感じが全くありませんでした・・・。

サボさん(左)
お風呂にこだわりがある方には向かないかなぁ。

赤ちゃんへの配慮

赤ちゃん連れにとっては、とてもいい部屋でした。

まず、部屋を入ってすぐの通路の先は土足禁止になっています。

部屋は土足禁止

床がじゅうたんなので、赤ちゃんも広々と動き回る事が出来ます。

部屋

部屋に置いてあるテーブルや、テレビが置いてある棚など、角が丸くなっていました。

他にも角が尖っている場所が殆どなかったので、動き始めた赤ちゃんも安心して過ごすことが出来ます。

サボさん(左)
子連れ・赤ちゃんに対する配慮を感じる!

テーブル

アメニティ ・部屋内設備

基本的なアメニティは付いています。

シャンプー類

シャンプー・コンディショナーはSHISEIDOのもの。

ボディソープとフェイス・ハンドソープはPOLAのものでした。

ホテル用の感じのものでしたが、比較的質は良い方だと思います。

シャンプーなど

ドライヤー

ドライヤーはしっかりしたものでした。風力も十分。

ドライヤー

歯ブラシ・カミソリなど

その他のアメニティは歯ブラシセット、カミソリ、綿棒、クシ。

私は使いませんでしたが、最低限のものはあるという感じでした。

歯ブラシなど

タオル・パジャマ

タオルや寝間着もしっかり準備されています。

子供用の歯ブラシもありました。

タオル・パジャマ

除菌スプレー

次亜塩素酸の除菌スプレーも部屋に設置されていました。

次亜塩素酸の除菌スプレー

フリースマホ

フリースマホも部屋に設置されています。

フリースマホ

携帯を持っていかない方はいないと思いますが、外国の方なども、気軽にインターネットにアクセスできる環境が整っています。

フリースマホ

スマホはこんな感じ。

フリースマホ

情報端末

もう一つ。部屋に謎の物体が・・・。

何やら恐竜のようです。

情報端末

口の部分にはタブレットのようなものが入っています。

特に役に立つ物ではなかったですが、小学生の子供は楽しそうに占いやゲームをして遊んでいました。

情報端末

アメニティや部屋の設備としては十分!

スマホや謎の恐竜など、他のホテルではあまり見ないものもあり、それだけでも少しだけ特別な、楽しい時間を過ごす事が出来ます。

ルームサービスロボット

ルームサービスもロボットが持ってきてくれます。

ルームサービス

ホテル内の廊下を歩いていると、ルームサービスロボット君に出くわします。

ルームサービスロボット

一人でせっせと廊下を走り回って働いています。

なかなかシュールでついつい見守ってしまいます。

ルームサービスロボット

せっかくなので、試しにルームサービスロボットでお土産を買ってみました。

しばらくすると、ルームサービスが届いたというアナウンスが部屋に流れます。

部屋のドアを開けるとロボット君が待っています。

すると、ロボットの窓が開き、中には先ほど頼んだお土産が。

ルームサービスロボット

お会計はチェックアウト時に清算となります。

このような楽しいサービスがあるのも変なホテルならでは。

サボさん(左)
子供も大人も楽しめる!

ホテル内レストランでの夕食

夕食は、ホテル内レストラン「シェフズ トライ テーブル」にて。

子供の面倒を見ていて写真を撮るのを忘れてしまったのですが、レストランのウェブサイトがありますので、こちらで雰囲気をご確認頂けます。

私達が行った時は、イタリア料理の巨匠、落合シェフが監修したメニューになっていました。

私達は3,800円のディナーコースを選びました。

内容は下記の通りです。

本日のアンティパスト
季節のサラダ
おすすめパスタ
(トマト or クリーム or オイル)
メイン
(本日の魚 or 保美豚 or 三河赤鷄)
パンまたはライス
デザート
コーヒーまたは紅茶

全体的に満足できる味でしたが、特に蟹のトマトクリームパスタが気に入りました。

小さな赤ちゃん連れの方は、テーブル席しかないので、要注意です。

うちの場合、抱っこ紐で赤ちゃんをおんぶしながらのコース料理だったので、少し大変でした。

サボさん(左)
子供用の椅子はあったけど、0歳児には少し大きめだったなぁ

ラグナシアへ再入場

夕食の後は、ラグナシアへ再入場♪

ホテルからラグナシアへは直接繋がっているので、フリーパスなどをしっかりとっておけば再入場できます。

昼間ラグナシアに行った方は、フリーパスは再入場用にとっておきましょう

夜のラグーナ

夜のラグナシアはイルミネーションがとても綺麗です。

夜のラグーナ

また、アトラクションもこのようにとても空いていました。(この日は土曜日でした)

アトラクションにほぼ乗り放題で子供は大興奮♪

閉園まで約1時間くらいでしたが、十分楽しむことが出来ました。

夜のラグーナ

夜のプチ宴会

夜のラグナシアで遊んだ後は、プチ宴会♪

変なホテル内には売店はないため、昼間のうちに買い出しに行っておくといいです。

ラグーナテンボスの外(車で数分圏内)にはコンビニがあるので、ホテルに行く前などに買っておくと夜もゆっくり楽しめます。

部屋は狭かったですが、3家族が1部屋に集まり、プチ宴会を楽しみました。

朝食

朝食も夕食と同じ、ホテル内レストラン「シェフズ トライ テーブル」で。

ビュッフェスタイルの朝食で、和食、洋食、基本的なものは何でもありました。

中には落合シェフ監修のメニューも。

↓こちらに写真があります。

【公式】変なホテル ラグーナテンボス

知県蒲郡市のホテル、『変なホテル』。「史上初、ロボットが接客するホテル」としてギネス記録に認定された、今話題のエンターテ…

総合評価

私個人の評価は下記のようになります。

清潔感 5.0
エンターテインメント性 5.0
部屋 3.0
お風呂 1.5
値段 3.0
総合 3.5

こんな方にオススメ!

■ファミリー

■小さなお子さん連れの方

■若いカップル

■恐竜やロボットが好きな方

■変わったホテルに興味のある方

■お風呂や料理にこだわりのない方

■ラグナシアを思いっきり楽しみたい方

総合的には、嫌な所は全くなく、普通に楽しめるホテルといった感じでした。

ただ、お風呂、料理、など宿泊自体をゆっくり楽しむタイプの宿泊先ではありません。

お子さん連れ、カップルなど、楽しく泊まりたい方にオススメです。

泊まった事自体が話題になるような楽しいホテルです。

興味のある方は是非検討してみて下さい。

スポンサーリンク