~Life is Contents~ 人生はコンテンツだ! 運営者「サボさん夫婦」が、これまでに経験したあれこれを発信する情報サイト
old car

【体験談】もらい事故に遭った時の対処法・保険で何が補償された?

先日、渋滞で停車中に後ろから追突される事故に遭いました!

 

サボさん
サボさん
人生初の交通事故・・・。
まさか自分の身にも降りかかるとは・・・!

 

自分には縁がない話だと思い、交通事故に遭った時にどうすればいいのか、あまり把握できていなかったので少し後悔しています。

 

今回の事故の記録を残し、将来また事故に遭った時に今回の反省を生かせるように記録として残します。

今回実際に自分が加入している任意保険からの補償、相手の保険会社からの補償を受けました。

具体的に保険会社とどのようなやり取りをして、その補償に至ったか、その辺りを残しておこうと思います。

 

同じような事故に遭った方、事故に備えて体験談を知りたいという方のお役にも立てれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク

交通事故発生時の状況

金曜日の夕方、週末に入った喜びを噛みしめながら仕事から帰宅途中・・・。

 

今日の夕飯は何かなぁ、早くビール飲みたいわ~!と思いながら、いつもの道を通って帰っていました。

 

家まであとちょっと・・・大通りの最後の信号も渡って、あと少し・・大通りを抜け少し入るとすぐに家です。

 

しかしその日は珍しく大通りが大渋滞。

 

家を目前に渋滞で停車していました。

 

すると、「ガンッッッ!」という音と共に車と身体が大きく揺れました。

 

サボさん
サボさん
・・・やられた~~~!!最悪だ~~!!

 

バックミラーを確認すると、軽に乗った女性があたふたしている様子が・・・。

渋滞で動けなかったため、数分そのままの状態。

 

少し動いた時に、すぐそばにあったお店の駐車場にひとまず入りました。

後ろの車もしっかりついてきてくれたので一安心。

 

サボさん
サボさん

これ、変な人だったら当てても逃げちゃう人とかいそうだなぁ~と思いました。

 

交通事故発生後の対応

スポンサーリンク

安全な場所に移動

相手の方は、「すみません!」と言った感じであたふた・・・。

とりあえず自分がしっかりしないとまずい相手だなと思い、自分がリードすることにしました。

 

【ポイント】
■まずは、お互いの体が問題ないことを確認
■次に車が問題なく動くことも確認(ひとりでも負傷していたらその救護が最優先でしたが、今回は大丈夫だった)

 

車の損傷もほとんどありませんでした。

 

そのような状況から、お店の駐車場だったので迷惑かけられないと思い、場所をすぐそばの公会堂に移動することにしました。

 

【ポイント】
■車は動かせる状態であれば、2次災害の防止のため、他の車の妨げにならないようなところに移動する

 

相手もしっかりついてきてくれたので、とりあえず一安心です。

 

警察を呼ぶ

まずはすぐに警察を呼びました。

身体は大丈夫、車も大丈夫ということと、氏名等の基本情報、事故が起きた場所、今いる場所を的確に伝えました。

 

近所だったので地理関係を詳しく伝えられたので良かったです。(地理的に詳しくない場所で事故った場合はその辺りが大変だなぁと思いました)

 

【ポイント】
■どんな事故でも警察は必ず呼ぶ

 

警察が到着するまでしばらく待てとのこと。

スポンサーリンク

保険会社に連絡

とりあえず、何をしたらいいのか分からず、お互いに保険会社に連絡することにしました。

私は過去の保険証書が車検証と一緒に保管してあり、最新のものを探すのに少し苦労しました。

 

【ポイント】
■任意保険の証書は最新のものをわかりやすいところに入れておく

 

任意保険の証書に記載されている事故が起きた時のコールセンターに連絡。

夕方だったからか、混みあっていてオペレーターに繋がるまで時間が掛かりました。

焦っている時なのですぐに繋がらないのがストレスでした。

 

オペレーターは、ケガがないかを確認した上で、車のナンバー、証券番号等の基本的な情報を聞いて本人確認をします。その上で事故の状況等を説明。

 

話の途中で警察が現場に到着。

するとオペレーターに、とりあえず先に警察の対応をしてもう一度掛け直してほしいと言われましたので、それに従いました。

 

【ポイント】
■保険会社への連絡は警察の対応が終わった後の方が良い

 

警察の対応

警察が来て、まずは免許証、車検証、自賠責保険証書を見せました。

電話番号、勤務先、勤務先の電話番号も聞かれました。

 

【ポイント】
■車検証と自賠責保険証書は、確実に同じ場所に入れておく
■名刺はいつも持ち歩く

 

その後、車体の損傷を警察と一緒に確認しました。

そこそこ衝撃があったのですが、驚いたことにお互いの車はほとんど無傷。

 

身体も大丈夫だったので、警察に「物損でいいですか?」と聞かれ、その意味はよくわからないまま「はい」と答えました。

 

【ポイント】
■その時に身体に異常がなくても、後からむち打ちなどの症状が出ることがある。そのため物損事故ではなく、人身事故として扱ってもらう方が良い
■後で物損⇒人身への変更はできるが、実況見分など面倒らしい(実際にやっていないから詳しいことは不明)

 

「ここから先は保険会社を通して自分たちで処理して下さい」と言い残し、警察は去っていきました。

警察は事務的で人身にすると面倒、と言った感じでした。やっぱりあまり頼りにならないということがよくわかりました。

 

お互いの連絡先交換

ここでやっとお互いの連絡先を交換しました。

氏名、住所、電話番号、車のナンバー、免許証の写真を撮らせてもらいました。

車の損傷の確認も二人で行いました。

車の傷などがあればここでしっかりお互いの車の写真を撮っておいた方がいいかなと思いました。

【ポイント】
■警察を呼んでいる間に保険会社に連絡するのではなく、連絡先の交換や車の損傷の確認をしておくべきだった。保険会社への連絡は一番最後。

再び保険会社に連絡

その後、再度お互いに保険会社に連絡。

 

私は被害者なので、特に自分の保険会社から何もされませんが、次の営業日に再度連絡が来るとのこと。(この日は金曜日の夕方だったので、月曜日に連絡が来るとのことでした)

 

被害者側の保険会社から私宛に後日連絡が来るとも伝えられました。

 

「あとは保険会社を通じて処理しましょう」ということで帰宅。

 

ここまでざっと1時間ちょい。

 

サボさん
サボさん
あぁ、疲れた!せっかくの花金なのに、なんてこった!

 

そしてその夜、だんだんと首、肩、背中が痛くなってきました・・・。

これがむちうちかと思い、念のため整形外科に行くことにしました。

 

整形外科で体の検査

次の日の朝、やはり首、肩、背中に違和感と重い感じがあったので、整形外科に行くことにしました。

受付で交通事故に遭ったこと、医師の診断書が欲しいことを伝えました。

 

交通事故に慣れている整形外科だったので、相手の保険会社に後で病院に電話するように伝えてほしいと言われました。

 

診察では、首、肩、手の動きなどを確認、レントゲンで異常がないかを確認しました。

 

結果、異常なし。ただ交通事故の場合、後から痛みが出てくることがあるとのことだったので、後日また診察に来てくださいと言われました。

 

病院も薬局も後日相手の保険会社から電話を頂きたいということを伝えられて、お代はかかりませんでした。

 

【ポイント】
■少しでも身体に違和感があれば受診することが重要

■病院では念のため診断書をもらっておいた方がいい(人身事故への切り替えに必要)
■診察代、薬代は人身事故でなくても相手の保険会社から保証された

 

自動車整備工場で車の点検

車はほとんど無傷でしたが、いつも車検をやってもらっている馴染みの整備工場に持っていきました。

 

この前車検をしてもらったばかりでしたので、さっと見てもらい、特に中にも異常がないことを確認してもらいました。

 

少し傷のようなものがありましたが、バンパーを変えるほどでもないとのこと。

 

保険会社に言えば出してもらえるかもしれないけど、バンパーを変えるとなると時間も掛かるとのことだったので面倒なのでやめました。

 

【ポイント】
■車に異常がないと思っても必ず点検をしてもらうこと

 

保険会社との折衝

自分が加入している任意保険会社

翌営業日(次の月曜日)の朝、早速保険会社から連絡がありました。

話をした内容は以下の通り。

■事故後の体調の確認 ⇒ 病院を受診したことを伝える

■車の状態の確認 ⇒ 事故後に点検したことを伝える

■相手方の保険会社からの連絡の有無確認

■病院を3回受診したら5万円の保険金が出ることを教えてくれた(そういった特約が付いていたらしい・・・全く知らなかったけど)

 

その後、もう一度、別の窓口から連絡が。言われたことは以下の通り。

 

■3度通院すると5万円が出るので、もし3回通院したら連絡が欲しい。その際は振り込み先の口座情報を持って連絡が欲しい

 

相手の保険会社

相手側の保険会社からも連絡がありました。

話をした内容は下記の通り。

■事故後の体調の確認 ⇒ 病院を受診したことを伝える
⇒人身事故担当から再度連絡があるとのこと。

■車の状態の確認 ⇒ 事故後に点検したことを伝える。
⇒車に少しの傷くらいで異常がなかったため、特に請求するつもりはないと伝える
⇒少しの傷でも保障できる可能性があるので、写真を送ってほしいと言われる。
⇒写真はLINEで送ってくれとのこと。LINEのIDは後でショートメールで送るとのこと。

車のことはこちらから大丈夫と言ったにも関わらず、写真を送ってくださいという点が対応が良いなぁと思いました。

 

その後、人身担当から連絡がありました。

話をした内容は下記の通り。

■診察の結果について。次にいつ病院に行くか。

■病院と薬局には連絡済みで保険会社が保証してくれるとのこと

■診断書をもらったそうだが、警察に人身事故への切り替えをするつもりか?人身に切り替えると実況見分など色々と面倒。忙しい中対応は大変、とのこと。

■後で同意書を送るので確認して送り返してほしい。

要するに人身事故に切り替えないで下さい、と言う風に聞こえました。

 

次に病院に行った後、また人身担当から連絡がありました。

 

次回があるかどうか聞かれました。私の場合は、もう一回来てくれと言われていたので、次に病院に行く日を教えました。またその後に連絡するとのこと。

 

通院が終わるまでこれが続きました。

 

同意書の記入・送付

保険会社の電話から数日後、自宅に同意書が送られてきました。

内容は個人情報(診察情報等)を保険会社が扱うことに対してのもの。

しっかり記入してすぐに返信しました。

 

交通事故処理完了

結局、今回の事故では、下記のように決着となりました。

■警察での扱いは物損事故のまま(人身事故への切り替えせず)

■通院は合計4回、通院費用、薬代は相手の保険会社で対応(こちらの負担はなし)

■車の写真を送ったことにより3万円ちょっとの保証が出るとのこと(相手負担)

■自分の任意保険から5万円の傷害一時金を受け取る

 

自分の任意保険からの一時金も普段掛け捨てている保険金の一部が戻ってきただけです。

 

ここまで事故当日の処理によって、事故後の予定に間に合わなくなったり、勤務中に何度も保険会社と電話したり、半休を取って病院に行ったり・・・無駄な時間を過ごしました。

 

幸い、車も身体も大丈夫でしたが、この無駄な時間に対する補償と考えて妥当ではないかと思います。

 

無駄な時間を過ごしましたが、初めての経験ということで勉強になったこともたくさんありました。

この記事も将来忘れてしまった時のために書いています。

 

とにかく事故はないのが一番。

皆さんも安全運転で事故のないことを祈っています♪

スポンサーリンク