~Life is Contents~ 人生はコンテンツだ! 運営者「サボさん夫婦」が、これまでに経験したあれこれを発信する情報サイト
家計アウトプット

マネーフォワードME×エクセルで超簡単に家計管理!月間/年間収支を見える化しよう

誰でも簡単にお金の管理ができるマネーフォワードME

 

マネーフォワードMEを使うと、大きく下記のことが簡単にできるようになります。

 

①家計簿をつけて毎月の収支を確認すること
②自分の総資産を把握すること

 

①について、マネーフォワードMEでは、毎月の収支の管理はできるのですが、年間の収支を集計して表示する機能がとっても弱いです。

 

今回は、①の収支管理について、年間収支を細かく分析できるツールと作成方法について解説します。

 

サボちゃん
FPサボちゃん

年間の収支もしっかり把握しないと、家計の改善に繋がりません。そこで、マネーフォワードMEの有料版でダウンロードできるデータを使って、FP目線で年間収支を簡単に確認できるエクセルを作成しました

このエクセルを使って、家計の全体像を把握して、節約のポイントを明確にしてもっとお金を増やしましょう♪

 

 

この記事を書いたのはこんな人

FPサボちゃん
【自己紹介】
元外資系保険会社勤務、国家資格2級ファイナンシャルプランニング技能士(FP)。法人営業を主に担当。個人のライフプランニングも得意。
結婚後も勤務していたが、夫の海外駐在についていくため退職。
駐妻ライフを楽しみ、現在夫婦とも帰国。
子育てをしながら、投資をしたり、サイト運営をしている1児のママ。

 

スポンサーリンク

マネーフォワードMEでは年間収支を把握しづらい

マネーフォワードMEでは、レシートを読み取ったり、直接入力することで日々使ったお金を簡単に記録していくことができます。

 

月ごとに収入と支出を集計し、月間の収支を簡単に確認することができます

 

家計月次収支画面

 

支出に関しては、費目別に月にいくら使っているかが下記のように表示され、視覚的にも何にお金を使っているか確認することができ、とても便利です。

 

月次支出明細画面

 

サボちゃん
FPサボちゃん

これと同じように、年単位で収支や支出明細が確認できると便利だと思うのですが、その機能が携帯版アプリでしかできません。

アプリでは画面が小さいこともあり、全体像を把握することがしにくい印象です。

そこで、年間収支年間の費目別支出全体像を把握するためのエクセルを作成してみました。

 

マネーフォワードME×エクセルで超簡単家計簿

毎月の収支だけでなく、一年の終わりに年間でどれだけのお金を何に使ったかを知ることはとても重要なことです。

 

それを知ることで、節約すべきものが何なのかが一目瞭然になります。

 

今回作成したエクセルは、エクセルのスキルのない方でも簡単に作れるようになっていますので、是非ご活用いただければと思います。

 

スポンサーリンク

エクセルアウトプットとデータ活用方法

このエクセルを作成すると、下記のようなアウトプットが簡単に出来ます。

 

年間収支の棒グラフ(収入合計、支出合計、差し引きの増減額)、年間合計の支出内訳の円グラフ

アウトプット1

まずは、左のグラフで大枠で1年間で黒字だったのか、赤字だったのかを把握できます。

右の円グラフで何にお金を多く使っているかを確認することができます。

 

月別の収入・支出(1月~12月)

アウトプット2

年間で黒字でも月別に見ると赤字の月もあります

このグラフでは、毎月の収入・支出の大きさを高さで表現しています。

 

毎月の収支を累計した滝グラフ(1月~12月)

アウトプット3

この事例では、年間収支は約64万円の黒字でしたが、このグラフを見ると5月までは累計で赤字だったことが分かります。

6月、7月に大きく黒字になり、その後9月は大きく赤字になっていますが、最終的には64万円の黒字で終わっています。

この滝グラフでは、このような年間の流れを確認できます

 

月別の収支金額(1月~12月)

アウトプット4

先ほどの滝グラフは累計になっていますが、こちらは毎月の収支の高さを表しています。

 

費目別・月別の支出金額の棒グラフ(1月~12月)

アウトプット5

 

全ての費目に対し、毎月の支出金額の推移を棒グラフで確認できます。

 

11月は交際費が多かった、6月は外食が多くて食費がかさんだ、など反省すべきポイントを視覚的に確認できます。

 

費目は下記の18費目すべてをカバーしています。

 

これら全てに対して、上記のような小さいグラフが自動で作成されます。

 

費目:食費、日用品、趣味・娯楽、交際費、交通費、衣服・美容、健康・医療、自動車、教養・教育、特別な支出、現金・カード、水道・光熱費、通信費、住宅、税・社会保障、保険、その他、未分類

 

サボちゃん
FPサボちゃん
マネーフォワードMEでカバーできていない部分をカバーし、かつ、家計の全体像を確認できるようなアウトプットに設計しました。全体象を把握した上で、家計を改善していきましょう!

 

家計簿の作成方法

 

サボちゃん
FPサボちゃん
ここからは、エクセルの作成方法を解説していきます。と言っても作成方法はとっても簡単ですので、安心して下さいね。

 

スポンサーリンク

①エクセルのダウンロード

まずは、私が作成したエクセルをこちらからダウンロードして下さい。もちろん無料でどなたでもダウンロードできます。

 

 

②PCサイトから家計簿エクセルファイルをダウンロード

PCからマネーフォワードMEにログインします。

マネーフォワード ME

家計簿アプリ「マネーフォワード ME」は、銀行口座やクレジットカード、電子マネーに証券口座、ECサイトやポイントなどあな…

 

ログインしたら、メニューから「家計」に進みます

マネーフォワードME画面1

 

下にスクロールすると、月が表示されています。ここでダウンロードしたい月を選びます

(下の画面の例では、2020年12月のデータをダウンロードする状態になっています。)

マネーフォワードME画面2

 

一番下までスクロールすると、ダウンロードボタンがありますので、ここからExcelファイルをダウンロードします。

マネーフォワードME画面3

 

②エクセルに張り付け

まずはこのページからダウンロードした私が作成したエクセルを開きます。

「収入・支出詳細(貼り付け)」シートで黄色くなっているB2セルで年を選択します。

エクセル画面1

 

次に、マネーフォワードサイトからダウンロードしたデータを開き、データ全てコピーします。

コピーするのはセルA2~I2から一番下までを選んでコピーします。

エクセル画面2

 

コピーしたデータをもう一つのエクセルのセルB6に値で張り付けます。

エクセル画面3

 

③出来上がり!

基本的にはここまでで、「まとめ」シートに移動すると、アウトプットが完成しています。

 

あとは、1月~12月の毎月のデータを上記②と同じ方法で追加していきます。

 

毎月のデータは、下記のように下にどんどん追加していく形で張り付けいって下さい。

(下の画面では、セルB83に次の月のデータを張り付けます。)

エクセル画面4

 

サボちゃん
FPサボちゃん

毎月月末を過ぎたらデータをダウンロードして追加していけば、そこまでの集計もできるので是非ご活用下さい。慣れてしまえばとっても簡単に家計管理ができますよ♪

 

まとめ

今回のエクセルを使うと、簡単に家計の全体像を把握できるようになります。

 

 

全体像をしっかり掴んでおくことは、ライフプランを考える上でも、節約を考える上でも、投資をする上でもとっても大切なことです。

 

サボちゃん
FPサボちゃん
簡単に、でもしっかり家計管理をしてお金をしっかり増やしていきましょう♪

 

まだマネーフォワードMEを導入していない方、無料版の方、是非有料版もご検討下さい。

 

スポンサーリンク