海外帰りの30代【サボさん夫婦】が運営する ~仕事も子育ても頑張るあなたを応援する情報サイト~

メキシコの道路には危険がたくさん!驚きの交通事情

メキシコへ旅行へ行かれる方、これからメキシコに住む方、メキシコで運転することに対して心配されていませんか?

 

サボさん
サボさん
今回は、メキシコに5年間住んで毎日運転していた筆者が、色んな意味でスリリングなメキシコの驚きの交通事情を紹介します。

 

スポンサーリンク

街中ドライブ

まずは一般的な街中を運転する際に気を付けたいことを紹介します。

道にトペが多い

トペ??と思われたと思いますが、トペとは、日本でもたまに駐車場内にある、スピードを出せないようするために、意図的にアスファルトを盛り上げたあのトラップのことです。

 

メキシコではこの「トペ」が、片道3車線のようなかなり大きな道路にもあることがあります

 

そのため知らない道をスピードを出して走っていると、いきなりトペが現れ、急ブレーキ!

スピードが落ちきらず、ガタン!!!となることがあります。

 

サボさん
サボさん
メキシコではトペの場所をある程度把握してからスピードを出すようにしましょう。

 

スポンサーリンク

交差点は大道芸・物乞い・窓ふき・・・何でもあり

赤信号で止まると、大きな交差点では大抵誰かがいます

 

メキシコの交差点にいる人達

①各種大道芸人・・・赤信号になるとすぐにパフォーマンスをし、青になる少し前に金をもらいに車に回ってくる。夜は口からファイヤーとかもありました。

②窓ふき・・・赤信号になると勝手にフロントガラスを拭いてきます。中には勝手にボンネットに乗ってくる人もいます。

③物売り
・・・何でも買えます。新聞、ガム、ドーナツ、チュロスなど。季節ものだと、バレンタインデーにはバラの花一輪、クリスマス前には子供のおもちゃなど。

④物乞い
・・・シンプルにお金下さいという感じで回ってきます。

 

基本的には無視すればいいので、そこまで危険ではないと思いますが、正直うっとうしいです。

イライラしているときに窓ふきが来ると、ワイパーを動かして拭かせなかったりしました。

 

サボさん
サボさん
一回間違えてウォッシャー液をかけてしまったこともあります。。あれは申し訳なかった。。

 

新聞売りのおじさん

一方通行の道が多い

街の中心部や、小さな路地は一方通行ばかりです。

そのため、道をしっかりと覚えないと逆走します。

サボさん
サボさん
私も何度逆走して困ったことか・・。

 

スポンサーリンク

車線が消えている

そこまで道路にお金を掛けていないので、車線が消えてもなかなか書き直してくれません。

なので車線は感覚です。

 

サボさん
サボさん
不思議なことに車線がなくてもなんとなく走れるものです。

 

ウインカーを出さない

これはこの国特有なのか分かりませんが、ウインカーを出す人が少ないです。

なので周りの車の動きに注意していないと危ないです。

そもそも車線が消えている事が多いので、色んな部分を感覚に頼って運転しています

サボさん
サボさん
常に周りの車の動きに注意しましょう。

 

たまに馬が道路にいる

たまにですが、特に田舎には道路に馬がいることがあります。

下の写真はカウボーイのイベントをやっていたようなので特別ですが、馬が比較的身近です。

 

昔のビートルがめちゃくちゃ走っている

メキシコではフォルクスワーゲンのビートルが昔から大人気でした。

今でも昔のビートルがかなり走っています

レトロでかわいいのですが、いかんせん古いので、乗っている人達は窮屈そうです。

 

驚きの車が走っている

これらは、私が実際に、道路で走行中に見た驚きの車です。

メキシコで出会った驚きの車

エンジンむき出しのビートル

②車の窓が割れたのか、ビニール袋をガムテープで貼って窓にした車③サイドミラーが割れたのか、アルミホイルをミラーに貼った車

①だけ写真が撮れました!

 

サボさん
サボさん
メキシコの道路では、まれに面白い車に出会えます!

 

危険がいっぱい高速道路

高速道路が片側1.5車線

私が住んでいた場所は大都市ではなかったので、高速道路もかなり危険でした。

 

まず、車線が片側1.5車線しかない所が多かったです。

 

前にトラックなど遅い車が走っている時は、遅い車が少し端によけ、それを猛スピードで反対車線にはみ出しながら抜くしかありません。

 

そのため見通しの悪いところでは、反対車線から猛スピードの車が来る可能性があるので、なかなか追い越せないということが起きます。

 

穴ぼこだらけの高速道路

読んで字のごとくです。。。

100キロ以上出して走る高速道路に、避けないと危険なぐらいの大きな穴があいていることがあります。

 

サボさん
サボさん
しかも1.5車線なのでかなり危険です

 

色んな生き物が歩いている

高速道路とは言え、日本のように壁が作ってある訳でもないため、高速道路なのに誰でも入りたい放題です。

そのため、人間、牛、馬、などが高速道路を歩いていることがあります。

 

サボさん
サボさん
特に人には気をつけましょう

 

夜は真っ暗、高速道路は夜を避ける

夜になると高速道路は真っ暗になります。

私の住んでいた街の周りの高速道路には明かりがありませんでした。

 

ハイビームにしていても真っ暗すぎてスピードを出すのはとても危険でした。

 

サボさん
サボさん
100キロ以上出している時に、トラックに轢かれて死んだ馬が暗闇から突然現れたり、工事のおじさんが急に現れたり、とかなり危険な経験をしました。

 

1.5車線、穴が多い、色んなものが歩いている、真っ暗・・・まさにスリリングな高速道路です。

 

高速道路を利用する際は、日没までに目的地に着くようにしましょう。

メキシコはとても広いので、何十キロも何もないのが当たり前。真っ暗な高速道路に取り残されたら命の危険すらあります。

 

いかがでしたでしょうか?

 

なかなかスリリングな交通事情。

 

慣れてしまえば問題ありませんが、最初は危険ですので、メキシコで運転する際は、街のことをよく知っている人と一緒にドライブするようにした方がベターです。

 

関連記事

メキシコに赴任される方、メキシコでの生活、特に食事について心配ではないでしょうか?メキシコのスーパーで買えるもの、買えないものを知りたい・・・!日本食を作るための材料は売っているのかなぁ?[…]

関連記事

メキシコの死者の日って何?どんな行事なの?サボさん夫婦一言で言うと、「死者の日」は、死んだ人に寄り添って、一緒に楽しく過ごす日。この記事で実際の写真を交えながら紹介します。 メキ[…]

スポンサーリンク