~仕事も子育ても頑張るあなたを応援するブログ~

【実際のエコー写真全て公開】エコー写真の見方・我が子の事例で解説

エコー写真を見るのは、とっても楽しみです。

でも写真には、数字などが書いてあるけど、意味がよくわからない・・・。

少しでもお腹の赤ちゃんの事を知りたいあなたのために、我が子の実際のエコー写真を使って読み方を解説します。

これを読めば赤ちゃんの成長をもっと実感でき、一段と楽しいマタニティライフを送ることが出来るはず。

是非参考にしてみて下さいね。

エコー写真の読み方解説

エコー画像にはよく分からない英語の専門用語や数字が羅列してあり、素人にはさっぱり意味が分かりません。

まずは私達がもらった下のエコー写真を例に書いてある専門用語の読み方を紹介します。

【25週6日の例】

この写真の右下に記載の情報を一つずつ紐解いていきます。

エコー写真の読み方解説

BPD:児童大横経(頭の横幅の長さ)

GA:エコー測定値から算出した妊娠週数

SD:標準偏差(統計上のばらつき)

BPD 59.9mm

GA 24w3d-1.4SD

この写真では、頭の横幅の長さが59.9mm、それは妊娠24週3日目の標準と同じ位で、標準偏差からみると-1.4(この写真は25週6日のものなので標準と比べて小さい)という意味になります。

頭部

APTD:躯幹前後径(お腹の前後の厚み)

TTD:お腹の左右幅

AxT:腹部の面積

APTD 61.6mm

TTD 66.4mm

AxT GA 4,090.00㎟

GA 26w5d 0.5SD

この写真では、お腹の厚みが61.6mm、お腹の幅が66.4mm、お腹の面積が4,090.00㎟、それは妊娠26週5日目の標準と同じ位で、標準偏差からみると+0.5(この写真は25週6日のものなので標準と比べて大きい)という意味になります。

腹部

FL:大腿骨長(太ももの骨の長さ)

FL 42.8mm

GA 24w5d -0.7SD

この写真では、太ももの骨の長さが42.8mmで、それは妊娠24週5日目の標準と同じ位で、標準偏差からみると-0.7(この写真は25週6日のものなので標準と比べて小さい)という意味になります。

脚部

EFW:BPD(頭の横幅)、FL(大腿骨の長さ)、AxT(腹部面積)から算出

EFW 829g

GA 25w4d -0.3SD

この写真では、推定体重が829gで、それは妊娠25週4日目の標準と同じ位で、標準偏差からみると-0.3(この写真は25週6日のものなので標準と比べて小さい)という意味になります。

推定体重

SD:標準偏差(統計上のばらつき)
ある週数においてたくさんの赤ちゃんのサイズを測っていくと、一定の範囲に収まり、その平均となる値が算出できます。その平均値と比べ、赤ちゃんの大きさがどの程度差があるかを示す評価。±1.5までが標準範囲とされています。

エコー写真アルバム

エコー写真はとても貴重な写真です。ただ、エコー写真はピラピラしているので、私自身、保存するのに困っていました

下記のようなマタニティアルバムやエコー写真アルバムなら、きれいに記録として残せるためオススメです♪

アルバム DELFONICS デルフォニックス PDフォトアルバム ベーシックタイプ M(B5)サイズ 粘着 フォトアルバム 写真 大容量 ベビー 手作り エコー写真 マタニティアルバム 黒台紙 写真収納 おしゃれ 雑貨 北欧 デルフォニクス かわいい おしゃれ スクラップ スクラップ台紙
created by Rinker
□エコー写真アルバム 10ツキ10カものがたり ひよこ 絵本 マタニティ 赤ちゃん ベビー 出産 誕生 記念 思い出 母子手帳 ゆうパケット送料250円
created by Rinker

それではここから実際のエコー写真を時系列に順を追って見ていきましょう。

7週0日(胎嚢)

この頃はまだ赤ちゃんの形になっていないので、上記のようなサイズを測ることは出来ません。

黒い丸の部分が、赤ちゃんの入っている袋である胎嚢です。この胎嚢の大きさが16.8mmとなっています。

胎嚢の中にある小さな白い点が赤ちゃんでしょうか?

10週0日(赤ちゃん現れる)

胎嚢の中にはっきり赤ちゃんらしき物体が見えます。

胎嚢も赤ちゃんも一気に大きくなり、赤ちゃんの長さが22mmになりました。

12週0日(頭の形がわかる)

赤ちゃんの大きさが倍以上の46.8mmになりました。頭と体の形も少しずつ出来ているようです。

16週0日(3Dあり)

BPD(頭の横幅)が32mmとなりました。

15週5日の標準と同じくらいの大きさで、少し平均よりも小さいようです。

頭、鼻か口、首、お腹の形、足など形ができています。

また、この時初めて3D画像を見ることが出来ました。

初めての3D

 

3Dで見ると目のくぼみ、鼻、腕がはっきり確認することができます。

本物の人間がお腹の中にいると思うと不思議な気持ちでした。

19週6日(各部位の測定開始)

ここから体の各部位の測定が始まりました。画像は全ての部位の測定が終わった時点のものを表示します。

この画像は頭の部分ですが、体が大きくなっているので、この頃からエコー画面では体の一部ずつしか確認することが出来ません。

頭の長さ、お腹の面積、太ももの長さ共に少しだけ標準よりも小さいようです。

推定体重は288gでほぼ標準と同じです。

23週4日(背骨くっきり)

写真の左側が顔です。目の部分が確認出来ると思います。

お腹の面積が標準よりも大きめです。

頭と太ももは標準以下で推定体重は604g標準よりも少し小さめです。

2枚目の写真は背骨です。しっかりとした背骨ができているのが確認できました。

25週6日(3Dあり)

写真の左側が顔です。上を向いているように見えます。

相変わらず、お腹の面積が標準よりも大きめです。頭が結構小さいようです。

太ももも標準以下推定体重は829g

赤丸の部分が心臓です動画で見るとよく動いていました

3Dでははっきりと顔が見えました。

鼻も口もちゃんとあります。

27週6日(1,000g突破)

この頃から体が大きすぎてエコー画面がよく分からなくなってきます。

相変わらず、お腹の面積が標準よりも大きめ、頭はまだ小さいですが、標準偏差が少し良くなりました。

推定体重は1,115g

29週6日(性別確定!)

右から左にかけて足が写っています。

頭の横幅が72mmなので結構大きくなってきました。推定体重は1,407g

そしてこの画像で性別確定!

小さな矢印→が指しているところがおまたで、先生「割れ目があるね~女の子だね」ということでした!

素人が見てもこれが女の子には全く見えないです。

31週4日(3Dあり:実際の顔と似ていた)

ここから先の写真は太ももの骨の写真になります。

ここを最後に測るので全てのデータが載っている写真が太ももの写真ばかりでした。

頭の横幅が77.6mm、推定体重は1,763g。体重は平均よりも少し多めです。

3Dではどんな顔をしているかはっきりと分かります。

生まれてきた赤ちゃんもこの画像と同じような顔でした(笑)

33週4日(2,000g突破)

頭の横幅が81.6mm、推定体重は2,017g。体重は平均よりも少し少なめです。

35週2日(あれ?小さくなってる)

太ももの長さが60.2mm⇒59.6mm、お腹の厚さも92.8mm⇒91.6mmで前回よりも小さくなっています

そのせいか全体的に標準よりもかなり小さいという結果になりました。

その結果、推定体重は2,152g。体重の増加スピードがダウンしました。

実際小さくなることはないと思うので、エコーの測定はやはり誤差があるようですね。

36週6日(OOR出現)

全体的に一気に大きくなっています。太ももの長さ意外は全て標準以上。

推定体重は2,727gで、前回から+575g (+26.7%)。やはり前回の測定値が小さめに出ていたのでしょうか。

ここにきてBPD(頭の横幅)のGA(エコー測定値からの週数)がOORとなりました。

これはOut Of Range(範囲外)という意味で、いつ生まれてもOKな大きさで、ここから先は誤差が大きくなるためGAの週数を表示しないようです。

38週2日(3,000g突破)

太ももの骨の長さ以外の項目がOORとなりました。

推定体重はついに大台突破し3,069g。

39週2日(再び小さくなる)

前回の結果が大きめに出ていたようで、BPD(頭の横幅)はOOR、お腹の面積が標準、FL(太ももの骨の長さ)が短めで、推定体重が2,836gに戻りました

40週2日(出産日前日)

太ももの骨の長さ以外の項目が再びOORとなりました。推定体重は3,189g。

そしてこの検診を終えた日の夜、陣痛が始まるのです・・・。 

 

翌日、生まれてきた赤ちゃんは3,310gでした!

エコー写真の推定体重との誤差は+121gなのでほぼ推定通りでした。

生まれてくるまでは、お腹の赤ちゃんが気になって心配ですよね。

うちの子も標準より小さかったりしましたが、特に問題なくすくすくと育っています。

スポンサーリンク